スタバにコメカフェで朝食♪ミニリッチな気分をどうぞ!

コメカフェ,テレビで紹介されていたんです。
あれはソファーでいいかな?ゆったりと時間を過ごせるよう、
高さやすわり心地いろいろ考え抜かれてるんですって、
人の目線など考慮された設計になっているようです。
パンはこだわりの自社製造でパン工場もTVにUPされていました。

コメカフェ。車でちょっとの所にあるので私も、時々行ってます。
なんとなく若者向きの喫茶店というよりファミリーもしくは
おじさんおばさんの年代から上が多いかな?
朝7時オープン位から毎朝来てそうなご夫婦がいたりします。

近くには最近スタバが出来て、そこは学生なんかも結構います。
スタバは相対的に年代は低めですよね。
オープン当初駐車場に入りきらない車が衝突事故でも起こしたのか?
警察の車が来ていましたね〜。コメカフェ行く途中で目撃しました!
2〜3日経って少し落ち着いた頃にスタバ入店。
5000円のプリペイドカード(実際もっと可愛い名前とか付いているかもしれませんが)
を購入するとドリンク無料券が貰えました♪

中国のスタバでも年金族というか生活が安定して余裕があるということで。。
毎日スタバで朝食やコーヒーを飲んだりする人が増えているそうです。ミュゼ VIO

腹の中の懐かしさと、出来事と、感傷を乗り越えて

「ホント、あり得ないシーンだよな。渋谷って」
ここは、いつ来ても異残りの中に迷い込んでしまったような印象を得る。
 渋谷から旗の台までは乗り継いでも三さまざまと掛からなかった。ホームタウンに戻って来た途端に肩のスキルが抜け、何とも言えない真実味が私達の全身を包んです。
「案の定地元が一番良いよな」
 あたいは困難だった。先々の事を考えると、もはや昔のようには開き直れない。
「また、戻って入れるよね?」
 ふとした私のひと言に、M・TとN・Tは粛々と怪訝な形相を浮かべた。
「何言ってんだよ。実際最近、戻ってきてるじゃねーか」
「道場を出てからってことだよ」
「いつの講話だよ。ともかく、ご飯行くか」
 大層腹が減っていたせいか、N・Tは余韻に浸るうわの空一種あたいに与えてはくれなかった。腕時計に目をやると、時間はとうに三時半を回っていた。N・Tに促されるとおり、解散前に私たちは駅前の行きつけのラーメン屋に止まり、一足遅めのLunchを入れることにした。キレイモ カウンセリング